ダイエットの停滞期にやることは以外にも〇〇〇〇だった、、、

 

このブログを読んでいる皆さんは、ダイエットをやったことがない という人は少ないと思うけど、ダイエットで失敗したことがない という人はなかなかいないのではないでしょうか?

なかなかダイエットが成功しないのは停滞期が大きな原因です。

そこで今回は停滞期を脱出するための方法を紹介します。

スポンサードリンク

一番いいのは頑張らないコト、、、

はっ、と思った読者も多いと思いますが、コレって以外に本当なんですョ!

何故なら、ストレス が溜まるからです。このストレスはダイエットにおいて一番の敵なのです。

だからストレスが溜まってきたなと感じたら遠慮なく暴飲暴食をして下さい。

ただし、、、

月に一回にして下さい。たとえば給料日の日に自分を許す日を決める。そしてまた次の解禁日まで、ダイエットに励むのが理想的です。

 

しかし正直、給料日まで持たない日もあると思う。そうゆう時はどうすればいいのか?
そんなときは、一ヶ月と待たずに食べ飲みしまくるのだ。

 

だからといってやりすぎはダメな事はゆうまでもない。

あくまでもストレスをリセットするための選択である。そうすれば自己嫌悪に陥らずにダイエットを継続することができる。

 

 

スポンサードリンク

何故、停滞期は起きるの?

人間の体というのは体重の減少が進んでいる時に、あるところで体重減少に歯止めをかけて、命を守ろうとします。それを「ホメオスタシス機能」といいます。

 

食事からのエネルギー吸収率が高め、エネルギーの消費も低く抑えて、消費しないようにします。

簡単にいうと、食べる量が減っても生き延びるために働く機能です。

 

もちろん人間が生きるためには必要とされている機能ですが、ダイエット中にはありがたくない機能ともいえます。

これが停滞期の原因です。

 

停滞期の乗り越え方は、、、

 

 

食べ物を見直してみる

ちょっとぐらい食べても痩せていたら大丈夫、、、なんてダイエットが順調に進んでいる時に思ったことありませんか?

停滞期ではそのようなコトを見直してみるとよいでしょう。

 

「ちょっとぐらい、、」という軽い気持ちで、カロリーの高いものや糖質が高いものを食べようとはしていませんか?

 

その様な気の緩みが停滞期を長引かせることがありますので注意が必要です。

 

運動を見直す

停滞期になるとモチベーションも落ちてしまいますが、必ず運動は行いましょう。だからと言って、無理に負担をかけたり、倍の距離をウォーキングやランニングをしたりするといった無理なコトことはやめましょう。

 

だたし、ダイエットを長期間している方は、運動量を多くすることが大切になってきますので体重が落ちると、体も軽くなってきますので、自然と体にかかる負荷も減ってきます。

 

体が軽くなったら運動量も見直しましょう。

 

管理を見直す

ダイエットの停滞期に気づくには日ごろの管理が必要です。

毎日、必ず朝晩の体重管理は行いましょう。

 

どんな時に体重が増えて、どのようなことをすると体重が減っていくかがわかるようになりますョ。

それにダイエットは人によって効果が変わるので、あなただけの体重変化をつかむことがダイエットには必要です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
停滞期中に無理なダイエットをしてしまうと逆効果になりますので注意が必要なことを理解していただけましたか?

 

慌てず諦めずにダイエットしていくことが大事なのです。

 

数日にわたって思うように体重が減少していかない時でも、慌ててあれこれやをやってしまうとダイエットには逆効果になることもあります。

 

停滞期には慌てずにじっくりと腰を据えて、今まで通りのダイエットを見直し行っていくことが大切です。

 

スポンサードリンク