花粉症対策はいつからするのがいいの?2017は?

 

皆さん、今年も花粉症の季節がまたやってきましたネ。少しでも症状が重くならないように予防や対策を早めにしていくことが重要です。

今回は、いつ頃どんな対策をとれば良いのかまとめてみたので参考にして下さい。

スポンサードリンク

そもそも花粉症の原因って何?

花粉症とは植物の花粉が原因となりくしゃみや鼻水などのアレルギー症状を発症する病気です。

季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれ、原因となる植物としてはスギやヒノキが有名です。約70%がスギの花粉によるもので次に多いのがヒノキ、イネ、などの花粉です。

それでは花粉症の原因について見ていきましょうネ。

人間は体内に侵入しようとする異物に対し浸入を防ごうとする防衛本能が備わっています。くしゃみや鼻水もその防衛本能による機能の一つで異物を外に出そうとしています。

花粉症は体に侵入した花粉を敵だと認識し過剰に反応してしまう事が原因です。

症状としては、
「くしゃみ」「鼻水」「鼻づまり」「目のかゆみ」「のどの痒み」「体の痒み」などがあります。

 

花粉症になった時の対策は?

やはり、耳鼻咽喉科(じびいんこうか)になります。

耳鼻咽喉科なら目薬、点鼻薬、飲み薬等の花粉症対策の薬を出してくれるので耳鼻咽喉科へ行きましょう。

 

花粉症薬を飲み始める時期はいつ頃がいいの?

発症時期(花粉飛散開始時)の2週間前が効果的だと言われています。

花粉症を発症する前に薬などを飲み始めることで発症の時期を遅らせたり、発症時の症状を軽くすることも出来るらしいです。

 

スポンサードリンク

花粉対策で手軽に出来るのはどんな事?

マスク

マスクは吸い込む花粉の量を減らす効果があります。選ぶ時には顔にフィットするものを選ぶと花粉が入りにくくなって効果的です。
 

メガネ

花粉対策用のメガネ使うことで、目に入る花粉量が減るので効果的です。

 

うがい

うがいをすることでのどに流れた花粉を除去します。また、鼻うがいをすることで鼻の粘膜に付いた花粉も洗い流すことができるので

一度、試して下さいね。

顔を洗う

外から帰ってきたら顔を洗うと、顔についた花粉を落として体内への侵入を防げるので、顔を洗うように習慣付けましょう。

帰ってきたら服を払う

外出先から帰って来たとき、衣服の表面についた花粉を払うことで室内に花粉を入れないようにするのも効果的な方法です。

 

食べ物で免疫アップ

花粉症の時期なら何と言ってもホットヨーグルト
 温めることによって乳酸菌の働きがパワーアップしこの季節には最適な食べ物といえます。
 ただ、食べ過ぎると下痢気味になるので食べる量は注意が必要です。

 

まとめ

最後になりましたが2017年の花粉飛散開始時期

北日本は2月下旬頃

西日本と東日本は2月中旬頃

九州・中国・四国・関東地方は2月上旬頃

 

となっていますので、九州や関東の方は早めに花粉対策を始めたほうが良さそうです

花粉症は症状が出る前にしっかり対策して、早めに対処しましょうネ!
 

スポンサードリンク