上白石萌音の性格や本名は?芸能界に入ったキッカケは?

女優やとして活躍している上白石萌音さん。
そして最近は声優の分野でも人気急上昇中ですよね。

そんな上白石さんですが、一体どんな性格
をしているのでしょうのか?

調べてみました。

 

 

 

スポンサードリンク

上白石萌音のプロフィールを見てみましょう

 

 

芸名: 上白石萌音

生年月日: 1998年1月27日

出生地: 鹿児島県鹿児島市

身長: 152cm

活動期間: 2011年 –

所属事務所: 東宝芸能

趣味: 読書、音楽鑑賞等

特技: リコーダー等

資格:英語検定2級、スペイン語検定6級

2011年: 女優デビュー

2014年: 映画「舞妓はレディ」出演

2015年: 新人俳優賞授賞

2016年: 映画「ちはやふる」出演

上白石萌音    名前読めますか?

上白石萌音は「かみしらいしもね」と読みます。

なんと、この名前が本名だそうですよ。

父親が教師で母親は元音楽教師でピアノの先生をしていて
名前の萌音の由来は音楽が好きになってほしいという願いがあって名付けられたようです。

しかし、一度聴いたら印象に残って覚えられますね。

 

 

上白石萌音さんが芸能界に入ったキッカケは?

 

小さい頃から踊ったり、歌ったりのが好きで、小学校1年生から市内のミュージカルスクールに通っていました。
そして中学1年の時にミュージカルスクールの先生に勧められて
2011年に開催された「第7回東宝シンデレラオーディション」で審査員特別賞を受賞して芸能界に入りました。

応募総数はなんと44,000人を超える中から「審査員特別賞」を受賞したからなのです。
やはり小さい頃からミュージカルスクールに通っていただけあって他の子とは違う光る物があったのでしょうね。

尚、同じオーディションを受けた2歳年下の妹・萌歌さんも同じオーデションを受けて
グランプリを受賞し、姉妹で芸能界へ入ります。

芸能界での活動が本格化したのは、高校生になった2014年からで

2014年公開の映画「舞妓はレディ」では800人を越えるオーディション参加者から選ばれて、
主役の座を勝ち取り、12月には「みえない雪」で初舞台初主演、
翌年にはミュージカル「赤毛のアン」の主演も果たしました。

800人を超えるオーディション人数から選ばれるなんて
運だけではなく才能も持ち合わせていたんでしょうネ。

とくに「赤毛のアン」は2003年から続いているミュージカルで
歴代主演を務めた方の中には、華原朋美さんや島谷ひとみさん、そして神田沙也加さんもいるんですよ!

2016年8月にはご存じ大ヒット劇場アニメ『君の名は』のヒロイン・宮水三葉役を務めて注目を集めました

2017年は歌手としても大活躍しています!
・2月 初ワンマンライブ
・4月 初オリジナル曲「告白」が「めざましテレビアクア」の主題歌に
・7月 「パズル」がアニメ「境界のRINNE」EDに
初オリジナルアルバム「and・・・」リリース
・10月 NHKみんなのうた「あなたの声」配信スタート

女優に歌手にまさに大活躍ですね。

 

スポンサードリンク

上白石萌音の性格はどうなの?

 

真面目で努力家で感度が高い感じがしますね。
おそらく、男女関係なく好かれる性格でしょう、、、

それを証明するように仕事等の時は、太陽の様に明るい
そうで元気な女の子と現場スタッフが語っていました。

それを証明する動画がコチラ

実に素直で彼女の性格が出ていますネ!

ちなみに彼女はメキシコで3年間生活していたらしくスペイン語なども少しできるようです。
メキシコにいる時は日焼けしすぎて現地の子と間違われていたみたいです。

そして上白石萌音さんの出身大学に関してですが、「明治大学国際日本学部」だそうです

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

これから、音楽や女優として、ますますの活躍が期待されますね。
そんな上白石萌音さんをこれからも応援していきましょう!

スポンサードリンク