人工透析における 食事方法と レシピについて

人工透析は気になる病気のひとつで人工透析をするようになると、食事・飲み物に関して大きな制限ができるばかりでわなく生活面でも制約されます。
正しい食事療法を知って状態の悪化を防ぎましょうね!

スポンサードリンク

何故、人工透析になると食事制限が必要になるの?

人工透析とは腎臓の機能を人工的に行うことで正式には血液透析療法と言います。
腎不全の患者が尿毒症になることを防ぐためには、血液の老廃物の除去や電解質の維持、水分量の維持などを人工的に行う必要がありこの事を一般に人工透析と呼んでいます。
人工透析を行わなければならなくなった人は、それまでの食べることや飲むことの食事を制限しなければならなくなります。

何故ならば、体内の老廃物や水分、塩分などの調整機能が低下するために、腎臓が排泄できる能力に見合った食事をしなければならなくなるからです。

人工透析になった場合の食事療法の目的は二つあり、一つ目は長期的には合併症の予防による長寿、二つ目は短期的には日々の食事に気をつけて血液検査データを安定させることです。

また短期的な健康管理には、食事の他に運動や休養があります。毎日の健康管理により、急性合併症を予防し慢性合併症を発症させないように食事ばかりではなく運動することも必要になります。

スポンサードリンク

人工透析の患者に良い食事とは?

タンパク質を摂りすぎにない

炭水化物(糖質)と脂質は分解されたあとに老廃物が出ないのに対して、タンパク質が分解されると老廃物が出ます。血液中に溜まった老廃物は尿から排泄されます。しかし、人工透析を行っている人は、腎臓が正常に機能していないため尿に老廃物を排泄することができません。最低限の摂取は必要ですが、老廃物の原因となるタンパク質の過剰摂取にはくれぐれも気をつけましょうね。

カロリー不足に気をつける

カロリーが不足すると、体は体内にあるタンパク質を壊してエネルギーに変えようとします。壊れたタンパク質も老廃物となって尿から排泄されます。
炭水化物と脂質でカロリーを十分とり、カロリー不足にならないよう注意が必要です。

塩分は控えめに、、、

機能が低下した腎臓は塩分などの栄養素もうまく排泄できないため、塩分を摂りすぎると高血圧になったり、体がむくんでしまったりといった症状が現れるので注意が必要です。

水分量を調節する

人工透析をしている人は腎臓がうまく働いていないため、尿が出なくなります。そのため、水分は摂れば摂るほど体に溜まってしまうのです。1日の水分量は食事も合わせて1000cc程度を目安にすると良いそうですよ。

カリウムを制限する

カリウムを過剰に摂取すると高カリウム血症となり、心臓の不整脈などの合併症につながるようです。カリウムの多い果物や芋類、野菜類などの量には注意が必要です。

リンを制限する

リンも摂りすぎると関節の石灰化などを助長し、脳梗塞や心筋梗塞などの血管系の病気を引き起こす原因になってしまいます。乳製品やインスタント食品、加工食品などは特にリンが多く含まれているため、気をつけましょう。

最後に人工透析中の飲酒・喫煙ってどうなの?

肝機能が正常であれば、定められた範囲内の水分量で飲酒をすることはできます。しかし喫煙に関しては傷つきやすくなっている透析患者さんの血管に対して、さらに悪い影響を及ぼすためやめておいた方が無難です。

いかがでしたか?
最近は制限された範囲内でも色々なメニューが考えられるようになり、塩分控えめでも美味しいレシピを調理している病院も増えてきているそうです。

でも一番はやはり病気にならない事ですね。
皆さんも健康なうちから病気や食事に気を付けましょうね!

スポンサードリンク

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です