髪の毛の静電気を効果的に防止する方法は?

 

冬場の一番の悩みといえば静電気ですよね 静電気体質だと思っているそこのあなた、、、実は生活習慣から引き起こされている可能性もあるんですよ。

今回は髪の静電気の原因と対策を紹介していきたいと思います。

原因から簡単に出来る対策方法までまとめましたので是非、参考にしてみて下さいね。

 

スポンサードリンク

髪に静電気が起きる原因って何?

静電気の起きる原因は空気の乾燥です。極端な話、乾燥を防げば髪の静電気は防げます。髪は普通に生活をしていても まとめたりこすれたりして、静電気を作る原因の場所になります。
 
この状態で乾燥した空気に髪が触れることで、髪の水分が抜けてしまい、電気が通りやすくり静電気が起きます。

 

また、ブラッシングでも摩擦で静電気が起きてしまいます。

プラスチック製やポリエステル製だと余計に静電気が起きやすくなりますよ。だって下敷きで髪の毛を擦っているのと同じですから、、、

防ぐ方法としては、天然木材で出来ている物や動物の毛を使ったブラシだと、静電気が起きづらいですよ。

 

スポンサードリンク

静電気を防止する方法は?

★ 髪を洗う強さ弱くする

強く髪を洗えば汚れが落ちると思っていませんか?
 実は、冬場に髪をゴシゴシ洗うのはあまりよくないのです。

何故なら、頭皮や髪にはある程度の皮脂も必要なんですよ。
その 皮脂が乾燥から守ってくれて静電気の発生を防止してくれます。

冬場は少しだけ、髪を洗う強さを弱くしてみましょうね。

 

★ 流さないトリートメントを使う

髪を美しく保つ成分に「キューティクル」というものがあります。聞いたことがありますよね。

髪に静電気が溜まる原因には、このキューティクル不足も原因なんですよ。

このキューティクルを補ってくれる洗い流さないトリートメントを使うと効果的ですので試して下さいネ。

 

★ 髪をブラッシングする前に少し濡らしてからにする

髪をブラッシングする前にタオルを濡らし髪になじませることで、失われていた髪の水分が
髪に戻って静電気を防止してくれます。
裏技として蒸しタオルで髪を濡らした方がさらに効果が高まりますョ!
ただしあまり濡らし過ぎないように、、、
濡らし過ぎはかえって逆効果になります。

 

★ ブラッシングは毛先から全体へ、、、

毛先は特に水分が足りません。いきなり全体をとかし始めると バチバチッ!って嫌な静電気の音がしたことがありませんか?

その後、毛先を見ると広がっていることってありますよね。

これって毛先の水分が足りないからなんですよ。水分の足りない毛先からとかしていって少しずつ全体へと範囲を広げていくと、
 静電気の発生を防止することができますので試して下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

静電気は本当にやっかいなものです。このブログを見て皆さんに少しでもお役に立てたら幸いです。

 

スポンサードリンク